企画募集

令夫人和歌子
Toshihiro055 2021-02-14 午前 10:09:25

設定

何不自由なく幸せに暮らす酒井和歌子36歳

某有名女優と同姓同名

夫は有名企業社長、謂わば社長夫人、日常は和服姿。

あらまし。

偶然に自宅に招かれていた夫の友人の男に結婚記念と言うことで夫に誘われた料亭で犯されてしまう。

夫の友人と称する男:深山。

性不能で悩む和歌子の夫酒井隆義は友人の深山に形だけで良いから、和歌子を寝取って欲しいと器妙な

依頼を持ちかける。

実は深山は和歌子を初めて見た時から、想いを寄せ、自身のモノにしたいという願望を抱く。

酒井と入念に打ち合わせだ打ち合わせと、巧みに仕掛けた罠で和歌子を…。

深山の女を識り尽くしたテクニックと、媚薬が相まって、和歌子の理性を、本能を覚醒させていく。

コメント 1
profile

kazk056 2021-02-15 午後 18:03

Toshihiro055さん

初めまして。

和装の社長夫人の設定はHでいいですね!

 

<料亭のシーン>(当方の勝手な妄想)

深山と和歌子が談笑しながら食事をしている所に、席を外していた隆義が戻って来る。

隆義:「深山、和歌子、すまない、急な用事が出来て、お得意さんの所に行かなければならなくなった。二人で食事を楽しんでくれ!」

深山:「わかった、和歌子さんの事は俺が送っていくから、気にするな!」

和歌子:「あなた、気をつけてね!」

隆義:「ああ、深山、和歌子の事を頼む、あと、宜しくな!」

隆義はそう言うと部屋を出ていく。

深山は和歌子に日本酒(媚薬入り)を勧める。和歌子の身体に10分としないうちに異変が生じる。

体の火照りと発汗を感じる和歌子。

深山:「和歌子さん、大丈夫ですか?何か汗をかいてる見たいですが」

和歌子:「大丈夫です!きっとお酒のせいですわ!」

深山:「無理なさらないで、隣の部屋で少し横になったらどうですか!」

和歌子:「それじゃぁ、お言葉に甘えて、そうさせて頂きます。」

深山が和歌子を抱きかかえて襖を開けると布団が一組敷かれていた。

こんな感じのシーンをイメージして見ました。

和歌子さんが犯される時は着物姿でバックから突かれるシーンとかも見たいです。