企画募集

こういうのが見たいリクエスト
名無しさん 2021-03-21 午前 10:44:09

~拉致監禁や借金苦などで弱みを握られた家族が凌辱のターゲットになるシリーズ~

【前半は悪い輩によるレ○プ、輪姦メイン】

・美人の母親や娘が悪意のある男たちに犯される

・その場に一家の父親、息子が一緒に居る場合は、彼らの目の前で見せつけるように母、娘が犯されまくる

【後半は家族同士での強制近親相姦がメイン】

・母、娘が犯されているのを見させられた2人(父親、息子)を"共犯"にさせるために、父親には娘を、息子には母親を犯させる"近親相姦”を命令。一度だけの近親相姦でなく、輩たちが気が済むまで(=父親、息子が男たちに言われなくても躊躇することなく、自ら家族のオマ○コにチ○ポを突っ込んでセックスするようになってしまうまで)”何度も近親相姦させる”。

悪い輩たちが去ったあと、父が娘を、息子が母親を飢えた獣のように犯しまくるようになっている日常の映像で終わる。

 

 借金苦の母親と息子が…   https://www.h-ken.net/txt/contents/4075565557/

  ↑ 

 息子の設定で小学生はちょっとあれなので、引っ込み思案でずっと童貞のままな高校生とかにしてはどうでしょう?

 悪意のある輩は母子相姦の様子を隈なく映像に収めているというシチュエーションも入れてください。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

~幸せな一家を禁断性交で滅茶苦茶にさせるシリーズ~

家族の内のだれかに恨みを持つ外部の人間Xが、一家の息子に取り入って近づき、彼に身内(母親、姉妹)との近親相姦させるよう計画を実行する。Xの人物設定は男性より「女性」にしてください!!

 参考として→  https://www.h-ken.net/txt/contents/4104286176/

   ↑

  さすがに小学生同士はあれなので、

  家族構成として

  ・長女(姉):20歳の女子大生(芸術系大学へ通っている…音大生または美大生希望)

  ・長男(弟):18歳(浪人生または大学1年生で童貞、母親や姉の使用済み下着をこっそり拝借してオナニーする性癖あり)

  息子に対していつも口うるさい母親が最初のターゲットとなり、父親が長期出張中のタイミングを狙い、Xにより眠らされた母親が息  子に睡眠姦される

  (Xが息子に性指導、手取り足取りヤリ方を教えるシーンあり)

  ↓

  母親がいつしか目を覚ますが、暴れる母親を見て興奮した息子が一日中母親を犯しまくる

  ↓

  長女が帰宅し長男が母親を犯しているところを目撃されてしまうと、彼はXが予め用意していた縄やガムテープを使って姉を拘束。

  姉も弟の性処理対象となってしまう!

  弟に中出しされそうになった姉が、「な、中はやめて、あ、赤ちゃんできちゃう、お願いだから、中は…」

  といった妊娠を回避させるための懇願セリフをいれてほしいです。

コメント 13
profile

名無しさん 2021-03-21 午後 19:58

人物設定(つづき)

 ・父親:商社に勤めるサラリーマン、地方出張が多い、妻より10歳以上年上

 ・母親:世間体を気にするタイプ。息子にはいつも厳しい教育ママのくせに、自分は女子大生時代に援助交際しまくっていた過去あり。若い子好きである今の旦那との援交では旦那の好きなJK制服を着たままSEXするのが常だった。(今でも旦那との夜の営みでJK制服を着てすることがあるため夫婦の寝室にはプレイ用の制服が隠してある)女子大在学中に今の旦那が約束を破って途中でゴムを外して危険日生ハメ中出ししたのが原因で妊娠し、その後出来ちゃった結婚した。

 

母娘ともに簡単に快楽堕ちしないようにしてほしいです。

 

  理性を保って抵抗しているうちはくそ真面目な言葉ばかり発している設定で、快楽攻めされている過程で母娘そろって内に秘めたマゾ性が開花して段々壊れていく様子をうまく映像化してほしいです。壊れたあとは半舌出しヨダレを垂らしながらアヘるくらいがいいです。

 

  母親役配役リクエスト … 佐伯由美香 (第2候補:中野七緒)

 

      娘役配役リクエスト    … 堀北わん (第2候補:東條なつ)

 
profile

kazk056 2021-03-22 午後 14:59

母親がいつしか目を覚ますが、暴れる母親を見て興奮した息子が一日中母親を犯しまくる』

 シーンを想像したら興奮しました。この時、服は全部脱がさないで、着衣が乱れているのが希望。

 パンストを破り、挿入シーンも是非見たいです。

 

profile

名無しさん 2021-03-23 午前 10:28

学生時代に援交歴がある”母親”を犯す時に着せてほしいJK制服+黒ストッキングはこんな感じ

↓  ↓  ↓

参考画像: https://cosplay-toriko.com/pict/100218/016kwns.jpg

・ブレザータイプなら白ブラウスにカーディガン、チェック柄のプリーツスカート(明るいベージュ系より暗めな紺、黒系希望)

※犯す時にはブラウスの前ボタンを外しブラは外さず少し乱暴に上下にずらした状態希望

・肌が全く見えない厚手の黒タイツではなく"薄手の黒ストッキング"に

 参考画像くらいの透け具合&太もも付近に切り返しありのを希望

※犯す時には黒ストッキングは履かせたままクロッチ部分に穴を開け挿入

profile

名無しさん2 2021-03-30 午前 01:31

参考として

~妻と息子の嫁を輪姦されて~

http://blog.livedoor.jp/tumibukai-matome/archives/38251408.html

↑    ↑   ↑

上記の投稿内の家族構成

【体験談の投稿者夫婦】小生(66) 妻(58)

【長男一家】長男(35) 嫁(32) 孫(5) 孫(2)

【次男一家】次男(33) 嫁(30) 孫(6)

 

個人的に、レ○プの展開はほぼ上記投稿の流れでよいが、

AV作品向けとして上記とは少し違う家族構成を提案!

 

→AV作品で現場に幼い子供が混在しているストーリーは映像化が難しいので、

 若い男女の間には'まだ子供がいない'ということに。

 

→高齢の母親もレ○プの対象となるストーリーだが、

 さすがに還暦間近の58歳はキツイ…

 そこで、定年退職した旦那より一回りくらいくらいに。

 

→ストーリーの語り部である「小生」の子供は、息子2人でなく一男一女とし、

 ・長男20代半ばで既婚、同じ歳の妻がいるが子供はまだいない

 ・長女20代後半、独身ではあるが婚約者がおり、彼も旅行についてきている。

  すでに挙式の日取りも決まっている段階。

 

→強盗&レ○プ犯集団が家族の女性陣を輪姦しまくって満足したらいなくなって終わりという展開ではなく、 

 婚約者が見ず知らずの男たちに犯されまくっている悲惨な姿を見て、

 男性陣(=小生、長男、長女の婚約者)が皆そろいもそろってパンツの上からでもわかるくらいギンギンに'勃起'   してしまっている設定に。

 

→女性陣が犯されているの目の当たりにして「小生」たち3人が勃起しているのを見逃さなかったレ○プ犯たちは、

 彼らのパンツを引きずり下ろしてフルチンにし、(刃物で脅迫しながら)自分のパートナーではない女性とセックスしろと命令する。

 ※家族全員が一斉にセックスするのでなく、一組ずつヤラせてほかの家族がそれを見させられる流れに。

 時系列順に

 【1】長男は、「小生」(=長男の父親)の目の前で「小生」の妻(=長男の母親)とセックスしろと命令される。

 【2】長女の婚約者は、長女の見ている前で長男の嫁とセックスさせられ、まだ子供のいない彼女に種付けしろと命令される。

 【3】「小生」は妻&娘の婚約者の目の前で実娘である長女とセックスさせられ、婚約者より先に娘へ種付けしろと命令される。

 

 犯人たちの一家に対する要求は一度のセックス強制では済まず、「まだ、ヤレるだろ?」と金玉が空っぽになるまで同じ相手に何度でも中出ししろと!

男たちは家族が身内同士でセックスさせられている様子をスマホで撮影し脅迫材料にする。

長男の嫁役として配役提案・・・美咲かんな 

長女役として配役提案・・・・・瀬名ひかり

profile

kazk056 2021-03-30 午後 22:09

 

スレッドをお借りします。

 

 

 

「~妻と息子の嫁を輪姦されて~」のストーリーは面白いですね。

読んでいて義父、嫁、孫が出てくるストーリーを思いついたので記載させて頂きます。

登場人物

金蔵 (62) 妻に先立たれて海が見える田舎で一人、民宿「金剛」を営む。

長男の嫁 文江(42) 巨乳でロングヘアー 美人

次男の嫁 由美(40) 巨乳でボブヘアー 美人

長男(42)、次男(40) 仕事が忙しく妻と息子に父親の様子を見に行ってもらう。

文江の息子 康太(19) 専門学校生

由美の息子 順平(18) 高校生

 

「金剛」に出入りする酒屋「生一本」の三兄弟

雄一(19) 末弟

雄二(22) 次兄

雄三(25) 長兄

金剛に配達をする雄一から報告を受けた雄二、雄三がなにやら動き出す。

 

 ストーリー

父親の身を案じた息子が妻と息子に、夏休みを利用して実家の仕事を手伝ってくれるように頼んだ。

文江、由美、康太、順平の4人が金蔵の経営する民宿「金剛」にやって来る。

二週間ほどの滞在を予定していた。

働き者の文江、由美が接客を行う。康太、順平たちは、酒瓶を運んだりと力仕事を請け負った。

その様子を嬉しそうに眺める金蔵。文江、由美の様子を怪しげな目つきで眺める「生一本」の雄一。

歳が近い事もあり康太、順平と仲良くなった雄一。

雄一:「康太、順平、明後日、文江さん、由美さんを連れて海に行かないか?」

雄一が康太、順平を誘う。

康太:「イイねぇ!順平、行こうぜ!」

順平:「行きてぇけど、仕事がなぁ!じいちゃんに悪いし!」

金蔵に気を使う順平。

雄一:「そっか、仕事か、もったいなぁ!俺が、金蔵さんに話してみるよ!一日くらい遊んでもいいだろう!」

雄一が二人に言った。

嬉しそうな顔をする康太、順平。

<ほくそ笑む> 雄一

金蔵は孫可愛さに「OK」を出した。

文江、由美は金蔵の手前、海水浴に行くのを断ろうとしたが、康太と順平は母親達に昼食代やらのお金を出させようと強引に誘った。

 

 (海水浴前日)

海水浴をするつもりがなかった文江と由美は水着を持ってきてはいなかった。仕方がなく民宿近くの洋品店「ムラカワ」でワンピース水着を買ったようだった。

康太と順平の話を聞き、雄一は心の中でガッツポーズをした。

(海水浴当日)

雄一が黒の6人乗り、ミニバンで文江、由美、康太、順平を迎えにやってきた。

雄一:「皆さん乗ってください。」

康太、順平を先に載せて奥のシートに座らせた。

文江、由美が二人の後に続く。

雄一が文江、由美の事を嘗め回す様に見つめる。(誰一人その様子に気が付かない。)

由美、文江、ともに紺色のTシャツ、ハーフパンツを着ている。胸の部分には金色で荒らしく「金剛」と書いてある。二人の巨乳に押され、字が伸びている。

雄一:(「金剛」で売ってる紺色のTシャツがこんなにエロいなんて知らなかった。このシャツの下に、「ムラカワ」で買った水着を着てるのかぁ、やべぇ、楽しみだぜ!)

雄一がスマホをなにやら操作した後、車に乗り込み海へと向かう。

文江:「あれ、雄一君、そこの砂浜に行くんじゃないの?」

雄一:「あっ、そこだと、観光客が多くて、僕ら、地元の人間しか行かないところに案内しようと思って!」

由美:「へぇえ、やっぱり、地元の人ってすごいわね!」

雄一:「えぇええ、まぁああ!」

由美:「アッ、お義姉さん、日焼け止めのローションもって来ました?」

文江:「エっ、すっかり忘れてた、由美さんも忘れたの!どうしよう!雄一君、戻って貰える?」

文江の言葉に、康太が「えぇええ、面倒くさいだろ!」

抗議した。

雄一:「万が一の事を考えて『タップリ』とローションを持って来ましたよ!」

文江:「雄一君、助かるわ!康太とは大違い!」

車内に笑いが起きる。バックミラー越しに由美と文江が見える。笑うたびに二人の豊かな胸が揺れる。

雄一の目は笑って居なかった。

10分程走ると、松の生えた細い林道に差し掛かる。

雄一:「ここの道を抜けると、海水浴場にヌケますから。」

ミニバンが、目の前を走る軽自動車に追いついた。

あまりの遅さに雄一がクラクションを鳴らした。

軽自動車が脇にそれて、ミニバンを先に行かせた。

順平:「スモーク貼ってるな!」

康太:「雄一、煽られたりすんなよ!」

雄一:「大丈夫だって!」

半笑いで雄一が答える。

由美:「雄一君、慌てないで、ゆっくり、ゆっくりでいいわ、気を付けてイキましょ!」

由美が優しく雄一に話しかける。

突然、後ろからクラクションが鳴らされた。

先程、追い抜いた軽自動車だった。

明らかに車間距離が近い。

順平、康太が後ろを見ると、サングラスをかけた20代の強面の二人組が乗っているのが分かる。

康太:「雄一、煽られんてるんじゃねぇか!」

雄一;「分かってる!砂利道だからスピードが出ないんだよ!」

6人乗りに5人も乗り、ミニバンで砂利道を走っている雄一達は明らかに不利だった。

雄一:「このまま、砂浜に行くとヤバいな!あいつらとイヤでも顔を合わせる事になる。」

雄一が呟くと車内の空気が凍りつく。地元の雄一に何とかしてもらおうと4人は心の中で念じた。その瞬間、

雄一:「そうだ、この先の側道を上ると、つぶれたキャンプ場が有ってソコからは、舗装された道路が有るんだった。舗装された道路なら、あんな軽自動車に負けませんよ!」

雄一の言葉に一同は「ホっと」するのを感じた。束の間の希望だった。キャンプ場から伸びる道路に大木が倒れていた。軽自動車に追いつかれ万事休すに陥った5人。雄一が腹を括り、4人に言った。

雄一:「俺が、話を付けてきます。車の鍵をかけて出ないで下さい。」

そう言うと何故か雄一はエンジンを切り、スマートキーをポケットに入れて、軽自動車の方に歩いて行った。

軽自動車から強面の2人組が降りてきて、雄一を一瞬でのした。倒れ込む雄一。

 

雄一からスマートキーを抜き取り、ミニバンの方へと向かう。

スマートキーを持っいている二人組に一瞬で鍵を開けられてしまった。

強面(A):「オォオオ、滅茶苦茶、美人さんが二人も乗ってるじゃん」

強面(B):「そうだな!俺達、めっちゃクチャ退屈してるんだよね、楽しい事しようよ!」

2人組は由美と文江を車外に下ろそうとする。

由美:「やめて!、離して。」

文江:「やめなさい、由美さんから手を離しなさい。」

強面(A):「由美さんって言うの?由美さん宜しくね!いっぱい可愛がってあげるからね!」

後部シートから順平と康太が飛び出し二人組に飛びかかって行ったが一瞬で勝負がついた。

順平と康太は星を見てKO負けした。

倒れている順平、康太、雄一を残し由美と文江は潰れたキャンプ場に連れて行かれた。

 

≪バンガロー≫

キャンプ場自体は潰れて、人っ子一人、居ない状況だったが、バンガローは数棟、残されていた。

不思議とバンガローの周りは草が生えておらず、キレイに整地されていた。

由美と文江の手首には手錠がかけられている。アダルトサイトで購入したものだろう。

手馴れて手つきで強面(A)がバンガローの鍵を開ける。

何故、鍵を持っているのだろうと文江が思った。見透かしたように

強面(B):「何で鍵を持ってるんだろうって思ったんでしょ!それはね、ココが、俺達のヤリ部屋ダ・カ・ラ!」

嬉しそうに強面(B)が言った。

(やはりそうか)と由美と文江は絶望に苛まれた。

中に連れ込まれる由美&文江。

しっかりとベットメイキングされた上に投げ出される。

由美:「イヤァァアアア、お願いします。ヤメテ、本当にお願いします。乱暴にしないで」

文江;「由美さん、大丈夫、ヤメテ、私が、あなた達を相手にしますから、由美さんには手を出さないで!」

強面(A):「イイネェ!美しいね、その思いやりが!分かった、分かった!俺達と勝負しようぜ!」

文江:「勝負?なっ、何をするの?」

強面(A):「そのシャツの下は水着なんだろう?水着の肩紐をさア、外して、俺達のコノ、剛直を挟んでパイズリしてよ!

俺達《兄弟》が同時に射精したら俺らの負け!射精しなかったら俺らの勝!

どう、この勝負!ヤッテみる?雄二(強面B)、お前もこの条件でいいだろ!」

雄二:「雄三兄ィ(強面A)の条件でいいよ!」

雄三の薄ら笑いに嫌悪感を抱きながら、由美と文江は勝負にのる事にした。

手錠を外され渋々、紺色の生地に「金剛」と書かれたTシャツを脱ぐ、文江と由美。

文江はピンクのワンピース水着、由美はブルーのワンピース水着を着ている。

ごくありふれたワンピース水着がこんなにも卑猥に見えるとはと雄二と雄三は思った。

 2人共、紫色のシーツの上に膝立ちをしながら肩紐をゆっくりと外していく。躊躇いを見せる二人の姿に、雄二、雄三兄弟の剛直は素直に反応していく。

とても子供が居るとは思えないハリのあるオッパイに興奮した二匹のオスは

雄二;「ヒュッウ」と口笛を吹く

雄三:「たまんねナぁ」

雄二と雄三はズボンを脱ぎベッドの上で膝立ちしている由美&文江に近づく。

雄二と雄三の血管が浮かび上がるいきり立った剛直に息が止まりそうになる人妻達。

深呼吸をして、

文江:「本当に約束を守ってくれるんでしょうね!」

雄三:「約束は守るよ!『俺達《兄弟を》同時に射精させられたら』見逃してやるよ!

早く、終わらせて、あいつらの介抱をしてやった方がいいんじゃないの?」

雄三の言葉に3人の事を思いだした、文江と由美。

由美:「雄一君や康太君、順平………..

由美がそうつぶやくと

雄二:「おい、雄一、ローション持って来たか?」

由美、文江:「エッ、雄一って……..ウソでしょ!」

雄一が「ローションがタップリ」詰まった容器を持ってドアを開けて入って来た。

雄一:「兄ィ、遅いよ、早く呼んでよ、康太、順平は車に閉じ込めて来たから大丈夫!

文江さん、由美さん、パイオツ!ヤバいっすね!俺達、兄弟と勝負して勝った人妻は今までいませんよ!」

由美、文江も3人の最悪の条件に気が付いた。

雄三が先程から『俺達《兄弟》が同時に射精したら俺らの負け!』と言っていた《兄弟》とは雄二、雄三兄弟に雄一を含めての三兄弟の事だと理解した由美と文江は心の中で

「三本同時なんて無理に決まってるじゃない!」と思い心が折れる。

 

この後、雄一、雄二、雄三の三人に輪姦される由美、文江の二人。

意識を取り戻した康太、順平の二人は、バンガローを見つけ出し助けに入るも三人捕まり。

二人の人妻の痴態に興奮して母親とSEXをしてしまう。

この様子を撮影する雄一、雄二、雄三の三兄弟は動画をネタに金蔵を恐喝しようとするが、「金剛」と呼ばれるほどの武道の達人だった金蔵に瞬殺され、動画の全てを渡す。

嫁たちの痴態姿に興奮した金蔵は、息子にバラすと脅かし嫁たちの身体を蹂躙する。

 

 

 

『見たいシーン』

  1.  

文江、由美の両腕を後ろ側に引っ張り同時に後背位で犯す雄一、雄三。の様子を余すことなく録画する雄二。

5人の男女はローション塗れになりテカっている。

文江、由美の巨乳が自由に暴れまわっている。いやらしく光る。

文江はピンク、由美はブルーのワンピース水着の肩紐が腰を突かれる度に「ブランブラン」と遊びまわる。

水着部分のクロッチ部分がずらされて、雄一、雄三、極悪兄弟の剛直が出たり入ったりしている。

時折、腰をくねらせる男達

「クチュ、グジュッ」と言った卑猥な音を響かせる。

文江:「ァアアアア、ダメ、ダメ、早くしないで!」

由美:「イァヤアアア、ダメェ、ダメ、ダメ、ダメ、イッちゃう」

と絶叫する人妻が見たい。

 

  1.  

康太、順平の犯される母親達。

文江:「アッアん、いやぁああああ康太のチ○ポでイッちゃアァアアアアウ」

雄一:「文江さんダメだなぁ!『康太のっ』て、息子のチ○ポでイったら、ダメでしょう」

由美:「順平、お願い、やめて、お母さん、おかしくなっちゃう、コワレェェェるぅううう、イっくうう!」

雄二:「由美さんまで、そんなに息子のチ○ポは気持ちいですか?クックック」

こんなシーンも見たいです。

 

お終い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

kazk056 2021-04-04 午後 21:14

またスレッドをお借りします。

 

(上記のつづき)

 

『シーン2 文江由美 三兄弟へ抵抗するの巻』

 

文江:「あんた達、約束が違うわ、三兄弟を私達二人で相手して同時に射精させるなんて無理に決まってるでしょ、卑怯よ!」

 

由美:「そうよ、お義姉さんの言う通りよ!ルールを変えなさいよ!」

 

少しずつ、この異常な状況に慣れ始めて来た文江由美がオッパイをさらけ出しながらもう抗議をしている。

 

雄三:「ッチ、分かったよ、三人同時ってのは、無にしてやるよ!二対二なら良いんだろ!」

 

雄三文江達の抗議にたじろぎ譲歩を見せた。

 

文江:「そうね、仕方がないから、相手をしてあげるわ!早く三人の中から二人を選びなさいよ!」

 

雄三が譲歩を見せた事で幾分、心に余裕が出来た文江。よく見れば、悪ぶっていても三人共、子供っぽい表情を見せている。軽くあしらえると文江は思った。

 

文江由美の方を見ると、同じことを思っていたのか、極悪三兄弟に悟られまいとしながらも僅かに首を頷かせた。

 

雄一:「ェエエ!雄三兄ィ、どうせ俺が外されるんだろ!」

 

末弟の雄一雄三に不満を口にする。

 

雄三:「お前(雄一)雄二の二人がして貰えよ!」

 

雄二:「マジで、雄三兄ィはどうすんの?」

 

雄三:「俺は見てるよ!」

 

雄一:「雄三兄ィ、ありがとう!」

 

雄一雄三に感謝する。

 

文江:「早くしなさいよ!さっさと終わらせるわよ!」

 

由美:「私達も暇じゃないのよ、早く来なさい!あんた達の粗チンなんか一瞬で発射させてあげるわ!」

 

三兄弟へ辛辣な言葉使いを用いて優位に立とうとする文江由美。僅かながらこの場の状況が自分達に傾き始めたと思いだした。この二人の様子をみて雄三がゲームを提案した。

 

 

雄三:「こっちが譲歩したんだから、パイズリ発射以外のゲームに変更しても良いよね?」

 

 

文江:「エッ、、どんなゲームよ、早くいいなさい

 

想定外の提案に一瞬たじろぐ文江。声が大きくなる。

 

雄三:「69ゲームさ!」

 

雄三が高らかに宣言した。

 

由美:「69ゲーム?…….

 

 

雄三:「そう、69ゲーム、人妻だから69がどんな事をするかわ分かるよね?まぁ、一応説明すると、女が男の上に股がっ」

 

雄三が説明を終える前に

 

由美:「そんな事は分かってる、そんな事より、ゲームって何よ!」

 

由美が苛立ちながら雄三に詰問する。

 

 

雄三:「それじゃ、アンタら(文江由美)やコイツら(雄一雄二)のために説明してやるよ!」

 

雄三

 

(シックスナインゲーム内容)

 

A 5分間、女が男の上に跨りフェラをし男をイカせる。(女性上位のシックナインの体勢)

 

B 男性は女性に対してクンニは禁止ただし生地越しに指を使い聖域をなぞったり、クリト○スをいじったりしながらフェラ攻撃を凌ぎ切る行為は可能。あくまでも守りの意味合い。

 

C 女がフェラを行なっている最中に男が女をイカしてもカウントしない。(守備の一環だから)

 

D 5分ハーフで上下が交代。前半はが後半は男が上になり攻めに転じる

 

E どちらも攻めている最中にイカせれなければドロー。引き分けの場合、文江由美を解放する。

 

雄三:「ルールは分かった?簡単だろ?人妻なんだから!フッフフフ!」

 

雄三が下品な笑いをする。

 

由美:「そんな、下…...

 

由美が拒絶しようとした言葉を遮り文江が承諾した。

 

文江:「分かったわ、そのゲームを受けるわ!5分で攻守が交代になるんでしょ。あんた達兄弟が射精して果てるかドローでも私たちの勝、私たちがイカされれば、私たちの負け。もう、これ以上の条件は無いんでしょ!やるわよ!」

 

文江由美を見ると由美も腹を括ったらしく、アイコンタクトで答える。

 

 

雄三:「雄一雄二文江様、由美様がお前たちの愚息をオシャブリ下さるらしいから、裸になってベッドに横になれよ!」

 

雄一:「雄三兄ィは何をするんだ?」

 

雄一は服を脱ぎながら雄三に質問する。

 

雄三:「俺はタイムキーパー兼レフリーをやってやるよ!ズルをしないようにな。雄一雄二、ズルを絶対にするなよ。したら辞めさせるからな!」

 

雄三が弟達に通告した。この様子をみて文江由美はこの勝負に希望が見えた気がした。

 

文江(由美さん5分間乗り切れれば)

 

由美(解放されますね)

 

目と目を見つめ文江由美は心の中で頷きあった。

 

 

(69ゲームの始まり)

 

ワンピース水着ながら両肩の紐をはずしオッパイ丸出し姿の文江由美がベットの上に全裸で横になっている雄一雄二の上に跨り69の体勢になろうとしていた。

 

文江(なんなの、この大きさ、民宿で売っている『金剛フランクフルト』と同じぐらい太くて大きい。こんなのでナカ()を捏ねくりまわされたりでもしたら私おかしくなっちゃう)

 

雄二の上に跨り、開始の合図を待っている文江は、由美の方を見た。

 

由美(なんで、こんな事に、ましてや、この男(雄一)にこんな卑猥な事をしなければなら無いなんて、怖い、こんな『金剛フランクフルト』みたいなものを口に咥えるなんて出来るかしら、お義姉さん。)

 

由美も不安にかられ文江を見た。共に目が合い、精根尽きるまで努力する事を誓い合った。

 

※『金剛フランクフルト民宿金剛で販売している長さ25cmで極太のフランクフルトの事

 

雄三がスマホを取り出す。

 

由美:「スマホなんか何に使うの?」

 

痴態を撮影されるかと思い由美が抗議する。

 

雄三:「タイマー替わりさ、気にすんな!」

 

 雄三の言葉を理解した由美

 

雄三:「前半戦5分 Ready go、ピッ(スマホから電子音)

 

電子音を合図に合わせて文江が首を大きく捻るピンクのワンピース水着からはみ出した巨乳がそれに伴い大きく揺れる。

 

長い黒髪を片方に寄せた文江雄二の極太チ○ポを咥えこもうと真っ赤な口紅に覆われた唇をカリ高の亀頭に近づけるが、躊躇いが生じ、溜息をもらす。

 

 

(文江雄二)

 

文江:「はぁぁ(ぁああ、あなた()、許して、私もしたく無いの、この状況を打破するためよ!)

 

雄二:「文江さん、俺のモノ(極太)を見て感嘆の溜息ですか?早くしゃぶって下さいよ!時間が5分しかないですよ!俺は良いけど!」

 

文江:「感嘆なワケないでしょ、こんな粗チン。(早く終わらせないと時間が無くなる) ハァムゥ(口を大きく開き咥えこんだ)

 

雄二:「スゲェ、ふみえちゃん、気持ちィイ、雄三兄ィ、ワリィイ、こんな気持ちィイ思いさせてもらって。」

 

雄三:「雄二、お前、ムカつくな!絶対にイクなよ!イッたら殺すぞ!」

 

雄二:「頑張る!ふみうわぁ、なにその舌使い、うぁ、うわぁ、俺、やばいかも。」

 

雄二はそう言うと自由な右手を文江のピンク色の水着のクロッチ部分に持っていく。

 

人差し指の爪先で敏感な縦ラインを生地の上から擦り始める。絶妙な刺激に文江の口元から音が漏れる。

 

文江:「フチュッフゥン《ふごっ》フッチュウ《フッ》ズチュヅチュ」

 

 唾液と空気が混じったような音が軽快に聞こえる。その合間、合間に、歪な不協和音が漏れる。

 

雄二:「ナニナニ、ふみえちゃん、もしかして、気持ちがイイの?シミかな?なんかシミが見えて来たぜ!」

 

文江:「あんたこそ気持ちイイんでしょ、やせ我慢なんかしないで早くイキなさいよ!がまん汁が出てるわよ!」

 

 雄二:「ふみえちゃん、偉そうに、あんた、今物凄く、卑猥な事してるんだぜ、分かってるの?」

 

 文江:「わ、分かってるわよ!」

 

文江雄二の言葉で現実に引き戻され、由美の事が心配になり目で由美雄一の行為を追った。

 

 

(由美雄一)

 

雄一:「由美さん、あぁああああ、ソコソコソコソコ、やっぱり由美さん上手いなぁ、初めて見た時から、ドスケベな感じがしたんだよね。俺のチ○ポの虜なんだろ!」

 

雄一由美から生真面目でM気質な性格を感じ取り、先程から言葉責めを行なっている。

 

 

由美:「チュッ、ポン(チ○ポから口を離す)ふざけないで、誰が、あんたのチ○……

 

ポの虜になんか、なる訳ないでしょ!」

 

『チ○ポ』と言う言葉さえも恥ずかしがり躊躇う由美雄一はさらなる言葉を投げかける。

 

 

雄一:「虜じゃないのか、残念、由美さんのフェラが気持良すぎるから、他の、アァアア、他の事に気を向けないと、由美さんのブルーの水着のクロッチ部分は大変なシミが出来てるよ。何でかな?何だろう?生地の上から触ってみるよ(幼児っぽく)

 

 由美:「フジュチュッ《はへて》フチュウ《やめて》ジュチュウ」

 

由美雄一のモノを咥えながら拒絶する。

 

 :「エッ、ナニ、もっと刺激を欲しいの?」

 

雄一は意地悪く生地の上からクリト○スを刺激する。四つん這いの由美の腰が上下に揺れる。

 

 由美:「ウッツウ、ジュチュウウウウ、ウッパァツ(チ○ポから口を離し)ヤメテ、アァアア、イクゥッ」

 

由美がクリトリスの刺激でイってしまった。

 

 雄三:「雄一、今、イカしてもノーカウントだからな。」

 

 雄一:「わかってるよ、後、何分あるの?」

 

 

雄三:「後1分」

 

 

(文江雄二)

 

文江(由美さん、アっ、イッちゃたの、コイツら(雄二)のテクニックは本当に慣れきってる、何人の女性をアッアア、私も、イキそう….)

 

 雄二:「ふみえ~さん(ふざけながら)ココが良いんだろ!」

 

雄二はクロッチの生地越しに文江の秘部に指を押し込んでは前後に動かしクリト○スを刺激する。

 

 

文江:「ッくゥ、あッハァ、ァアアア、イックゥウ」

 

 文江由美同様に雄二の極太チ○ポを掴みながらイッてしまった。

 

 雄三:「ピピピピピピィ(スマホが5分を知らせる) タイムアップ」

 

 雄三が4人に前半戦の終了を伝える。

 

 文江雄二由美雄一から離れる。

 

2人共今の攻防戦で、兄弟のテクニックに恐れをなして、雄三にダメ元でハンデを要求した。

 

 文江:「ダメ元でお願いがあるの、アンタ達の攻めの時間を5分から3分に変更して欲し良いの?」

 

由美:「お願いします。」

 

 

文江由美の懇願に雄三

 

 雄三:「しょうがねェなぁ、時間は変更してやるよ、雄二雄一良いだろ!」

 

雄二:「しょうがねなぁ」

 

雄一:「雄三兄ィが決めたんだからしょうがねェか!良いよ!」

 

雄三:「だってさ!こっちが条件を変更してやったんだから、あんたら、負けても文句言うなよ!」

 

 文江由美:「分かったわよ!」

 

文江由美が仰向けになる。

 

 文江:「準備が出来たわよ!」

 

由美:「こっちも出来たわ!」

 

 水着からオッパイをこぼれるように露出し、クロッチ部分にシミを作っている人妻達に雄二雄一達が近づいていく。

 

 文江(3分間、コイツ(雄二)のクンニを耐えればこんな茶番が終わるのね!)

 

由美(お願い!私の身体!3分だけ、3分で良いの耐えて、神様お願い、力を貸して下さい。)

 

 雄三:「雄二雄一、時間は3分だからな、3分以内にイカせたらお前たちの勝だからな」

 

 雄二:「兄ィ任せとけって!」

 

 雄一:「そうだよ!俺たち、上からの攻が得意なの兄ィも知ってるだろ!」

 

 雄三:「そうだったなぁ、4人共準備は良いか?始めるぞ!後半戦、Ladygo(文江由美を指さして)

 

 雄三の指示に従い雄二雄一の極太兄弟は文江由美に襲い掛かった。

 

シックスナインの体勢になると油断していた人妻達の上に覆いかぶさる雄二雄一

 

 器用に、人妻達の脚の間に身体を滑り込ませる。両手で野獣を押しのけようとする文江由美。体格の良い二人翻弄される。

 

 由美:「約束が違う、アンタ達、最低、離れて、約束を守りなさい。」

 

文江:「そうよ、離れて、ウソつき、ずるい、やめて、約束を

 

 雄三:「アンタ等、さっきから、約束、約束って言うけど、俺達は、約束を破ってねぇよ!前半はアンタ等に69で攻めさせただろうがァ、後半はコイツ等(雄一雄二)が上から攻めるって何度も言ってただろう」

 

 由美:「上からって…69の体勢ででしょ!クッハァ、胸を..ァアイィ..乳首を….

 

文江:「そうよ、ゥンハァア、クンニをするってことじゃなぁああああ、ィイイの」

 

 雄三:「アンタ等が勝手に勘違いしただけだろう!上からって言ったら、正・常・位だろうが、まぁ、後からアンタ等を下からもたっぷり突き上げてやるよ!ローションもいっぱいあるからたっぷりと犯してやるよ!雄二雄一、時間がねえぞ!あと2分早くイカせろ!3分以内でイカせる約束なんだから、それぐらい守ってやれよ!」

 

 雄二

:「そうだな、兄ィの言う通りだ、早くイカせてやらねェと嘘つきになるからな。文江、今から一気にイカせてヤッから!」

 

 文江に覆いかぶさりながら耳元で囁く雄二

 

 文江

:「ィヤァァア、ヤメテ、お願い、それだけは!」

 

 雄二文江のピンクのワンピース水着のクロッチ部分を器用に脇にずらし、ガチガチのビンビンに硬くなっている自前の『金剛フランクフルト』を文江のお上品な下のお口に押し当て腰を進める。

 

「ミチュっ、ニュリュッ、クチュン、クチュッ」

 

雄二23度と腰を前後に動かしながら先へ先へと進める。

 

 文江:「あああぁあああ、ダメ、そんな、こんな硬くて太いの初め….てェ、ヤメテ、お願い、今すぐ抜いェエエエエエエ」

 

 雄二:「なんでさァ、俺のがて硬く太いんだろ、もっと楽しみなよ!長さの感想がないね、今から一番奥を突いてあげるから、感想を教えてよ!行くよ!」

 

 雄二が腰を抜き始める。

 

 文江:「奥って、あの人なんかじゃ…………クッハァアア…..ヒクッ」

 

雄二:「比較されると恥ずかしいけど一気に突くよ!」

 

 (ニュッ……………..スチュッ..パン)

 

 勢いを付けて雄二が腰を突き入れる。

 

(ピクピピク)文江が身体を痙攣させてイってしまった。

 

 雄二:「何だ、もうイッたの、兄ィ、タイムは?」

 

雄三:「30秒だ!良くやった!とりあえず、文江GETだな!雄一由美も早く落とせよ」

 

 雄一:「分かってるよ!もう、由美さん、大人しくしろって!文江さんみたいに一瞬でイケんだから」

 

 由美:「イヤぁ、ヤメテ、無理、絶対、無理、ウチの人の事を裏切れない、お願い、やめて!」

 

雄一:「雄三兄ィ、手伝ってよ!」

 

 雄三:「しょうがねェなぁ、今回だけだぞ!」

 

雄一:「ごめん!」

 

雄三由美の両手首を掴むと頭の上で押さえつけた。抵抗を止めてもらい、雄一は身体を起こし由美の脚をM字に開き、クロッチ越しのアソコに極太フランクフルトを擦りつけはじめた。

 

 由美:「ゥンハァ、イャッ、ヤテェ!」

 

 硬いチ○ポがクリト○スを刺激してくる。

 

雄一:「無理しないで、気持ち良くなりなよ!行くよ!由美さんフッン(クロッチをずらして極太を膣口に当てる)ヌチュッ…………………チュパッン由美入ったぜ!」

 

由美:「こ……………..凄いクゥウウウウウン(ヒクヒクイヒク)

 

 由美雄一の一突きで果て痙攣している。

 

 義理の姉妹の果てた姿を眺めながら極悪3兄弟がほくそ笑む。

 

 雄三:「俺も混ぜて貰うかな!5人でたっぷり楽しもうぜ!」

 

雄三はそう言いながら裸になり、弟達と共に二人の人妻に近づいていく。

 

profile

kazk056 2021-04-05 午後 23:00

 

またまたスレッドをお借りします。

 

(上記のつづき)

 

『シーン3 文江由美 三兄弟に嬲られるの巻』

 

 

 

「パンパンパンッパンパパンパン、ぬちゅゆ、アパナパン、パンパンパンパン」

 

 雄三文江の片足を掴み肩に載せ,挙げていない方の脚を跨ぎながら腰を突き動かしている。

 

文江:「ゥアッハンア....ダメダメダメダメダメダメまたイっちゃう、イヤァア、また、イッくゥウウウウん」

 

 雄三にローション塗れにされ、文江がピンク色の水着のまま果てる

 

 

 

雄三:「たまんねナぁ、この身体、もっと気持ちよくしてやるよ!」

 

 

 

文江:「お願い!もう、ヤメテ!お願い!お願いしま、ックア、また、動かさないでぇぇぇ」

 

文江の言葉を無視して腰を動かし始める雄三

 

 

 

雄三文江の交わっているそばで由美雄一雄二兄弟に犯されている。

 

 

 

由美:「グッハぁ、グチュァ、ジュジュチュ、ガッハァ、ブジュァ、グッハアア、はあ、はあ、お願い、もう、ヤメテ!、もう、いいでしょ!」

 

 由美雄一から後背位で突かれながら雄二のモノをシャブらされていた。苦しさのあまり、極太チ○ポから何とか口を離し、二人に非道をやめるように懇願していた。

 

 

 

雄一:「ヤメテって言われても、腰がとまらねぇょ!」

 

「パチュュンパチュュンパチュュンパチュュンパンパンパンパン」

 

 

 

由美:「お願いぁあああ」

 

 

 

雄二:「もう、フェラに飽きたのかな、しょうがないなぁ!」

 

雄二はそう言うと、四つん這い状態の由美の下にもぐりたわわに実ったオッパイに悪戯をし始める。

 

 

 

由美:「ィヤァッ、そういう…...じゃぁぁアッ、また、すごっ……..ィッちゃぅぅううううううう…………イッくぅううう」

 

由美文江と同じくイカされてしまった。

 

由美がイったのを見て、雄一雄二が交代した。その様子を見ていた雄三が、雄二に声をかける。

 

 

 

雄三:「雄二、アレをやろうぜ!」

 

雄二:「そうだね!雄一、しっかり録画しろよ!」

 

雄一:「あぁあ、分かった!」

 

 

 

由美:「ぇえ、あれって、もう、ああぁ」

 

文江:「もう、良いでしょ!、やめて、解放してぇぇえ!ぁあっ」

 

 

 

由美文江は唐突に雄三雄二によって撞木反りの体勢にされ下から突き上げられ始める。

 

 

 

由美:「なに、イャァアッァア、こんな、はずかしぃイイ、シュゴィイイイイ、気持ちぃいい」

 

 

 

文江:「おねがぁあ、ァアアン、イヤッ、イィイイイ、恥ずかしいけど、キモチィイイイイ」

 

 

 

雄三雄二由美文江の様子に気を良くして腰の動きを速めて行く

 

「ンパンパンパチュュンパチュジュュンパチュュンジュパチュュンパンパンパンパンパンパンパンパンぱぱっん」

 

 

 

雄一「いいねぇ!最高にエロッ!ローションの追加をしてあげるよ!」

 

 雄一文江由美にさらなるローションの追加をしながら水着から露出しているオッパイを揉み込んで良く。

 

 雄一のローション攻撃と雄二雄三の下からの突き上げで由美文江は更なる絶頂を迎えた。

 

 

 

由美文江:「ァァァアァァアアン、ァアン、イクイクイクイクイクイクイイクイクイ、イックゥウウウン」

 

 由美文江の腰は跳ね上がり潮を吹きながら、数えきれない、何度目かの絶頂を迎え果てた。

 

 

 

雄三:「雄二雄一、お前ら、ちょっと、外のネズミを捕まえてこいよ!」

 

雄三雄二雄一にそう言った。

 

profile

名無しさん3 2021-04-01 午後 16:10

強盗に人生を狂わされた我が家

 

私は25歳のOLです。

私には、結婚を前提にお付き合いしていた彼氏がいました。

交際を重ねた結果、ついに彼からプロポーズされ、

後日両親に彼のことを"結婚しようと思っている相手"として

紹介する運びとになりました。

 

父は仕事から帰ってくるのがいつも遅いため、

週末の夜に会ってもらうことにしました。

 

そして迎えた金曜の夜、

母には事前に彼とのことを知らせてあったため、

私が玄関のチャイムを2回続けて鳴らしたら、

母が私たち二人のことをすぐ出迎えてくれるはずでした。

 

ところが、玄関のチャイムを鳴らしてもまったく応答がありません。

不審に思った私は持っている家の合鍵で中に入りました。

 

すると、明かりはついているのに様子が変なのに気づきました。

両親がいつもいるリビングの方へ向かうと、

中から聞いたことのない男の声が複数聞こえました。

両親どちらかの知り合いのだれか、突然の来客なのかなと思い、

自分が帰宅したのを母に知らせようと部屋のドアを開けたら…

下着姿で手足を縛られている父母がおり、

その近くに見たこともない柄の悪そうな男たちがたむろして

食べ物にありついていたのですが、私はその中の一人と目が合ってしまいました。

 

私が開口一番

「あなたたち誰ですか?父と母をどうするつもりですか?」」

と咄嗟に応えると、

「あんた、この家のお嬢さんかい?いい女じゃねーか。となりは彼氏か?

おじさんたちは金に困っててね。この家が裕福そうだったんで、

金目のものがないかなって強盗に入ったってわけよ。

腹が空いたから飯食ってたらアンタらが来て…」

 

そうこうしているうちに、私と彼は仲間の男たち数名に

後ろから羽交い絞めにされあっという間に拘束されてしまいました。

 

金品を盗み出し、食欲も満たされた彼らが次に要求したのは…

若い私の身体でした。

強盗たちが私に手を出そうとしたその直後、

結婚しようとしている私を守ろうと、

そばにいた母が私の身代わりになると涙ながらに何度も懇願しました。

 

 

「よし、そんなに言うんなら、奥さんが俺たちのことをしっかり満足させてくれたらお嬢さんには手を出さないでおいてやる。」

「まず全裸になってもらおうか。」

下着を脱ぐ母。

「おお、いい躰してるじゃんか。」

男たちは父たちに向かって

「いいな、妙な真似したら娘たちの命はないからな、わかったな?」

と脅迫すると、

母はあっという間に男たちに取り囲まれ、

口にもオマ○コにも野蛮なオチ○チ○を代わる代わる突っ込まれ

レ○プされてしまいました。

父、そして私の彼氏は2人そろってやめろ~と必死に訴えていましたが、手足を縛られていたため無力でした。

 

母が何人目かに犯さた時でした。

母に挿入し始めた男が結合したまま私の彼氏の前に行って執拗に見せつけ彼氏に言ったのです。

「どうだ、彼女の母親が犯されている光景は。おまえもヤリたくなったんじゃないのか?」

 

「何を言ってんだ、そんなことあるわけないだろ!」と彼は否定しましたが、

男たちに半裸にされた彼のアソコは言い訳できないくらい激しく勃起していました。

彼は私の母が犯されているのを見て興奮していたんです。

大切な彼に裏切られたようでとてもショックでした…

 

「なんだ、やっぱり勃ってんじゃねーか。下半身はウソつけないってか(笑)」

 

強盗たちにあざ笑われている彼に向かって追い打ちをかけるような事が告げられました。

男らにウソをついた罰として、彼は私の母とセックスしろと命令され、

断ったら私と父を殺すと脅されてしまいました。

「後ろから犯してやれ」と彼が命令されると、母は四つん這いになるよう言われお尻を

彼の方に向けました。

母は私に向かって何度もごめんなさいと謝っていました。

こんな状況でも彼のアソコは勃起したままでした。

 

男たちに犯され続けた母のアソコは彼のモノをすんなり受け入れてしまいました。

 

私に向かってゴメンと謝る彼のアソコはギンギンで気持ち良さそうに腰を打ち続けています。

まったく説得力がありません…

 

必死に堪えようとしていた母も、彼の腰の動きが激しくなるにつれ、

我慢できなってきたのか、女が感じている時に出す声を上げ始めたのです。

 

「俺たちがいいって言うまでイクなよ。約束破ったら彼女をヤっちゃうからな!」

 

そう強盗たちに念を押された彼ですが、

「お、お母さん、ボク、もう我慢できません、い、イキそうです。」

 

「娘のためだから、お願いだから、我慢してぇ」

母がそう言ってから一分も経たないうちに彼が

「もう、無理です…」

強盗たちがニヤニヤしながら

「おい、彼女の見ている前で、お母さんの中に出しちゃう気か(笑)」

といった直後、

彼は腰を深く打ち付け母の中で果ててしまいました。

 

果てた後の彼が母からアレを抜き去ると、

母のアソコからはドロリと濃い彼の精子が溢れだしました。

 

私はもう頭が真っ白になって魂が抜けたように呆然としてしまいました。

 

それを見た強盗たちが私に向かって

「お嬢さん、残念だったね~ ふがいない彼氏のせいで俺たちに犯されることが決定だよ(笑)

観念するんだな」

 

父が「おい、話が違うじゃないか、娘には手を出さないって… 娘だけは勘弁してくれ」

と必死に訴えてくれましたが完全に無視されてしまい、

結局私は強盗たちにレ○プされてしまいました。

 

彼とのデートの帰りだった私は、レース付きのエッチな下着をはぎ取られ、

黒のガータストッキングのみの姿で口とオマンコにこれでもかと薄汚いアレを

ぶち込まれました。

 

父にだけは感じている姿を見られまいと必死に堪えようとしていましたが、

母同様、私も心とは裏腹に声を上げるようになってしまっていました。

 

「お父さん、娘がいい声でヨガってるよ、もっと近くで見てやれよ。」

強盗たちはそう言うと、男に挿入されている私のアソコを父に見せつけました。

 

父のブリーフに目をやった強盗の一人が

「あんたも、俺たちと同じただのスケベ野郎だな。(仲間に向かって)おい、脱がしちまえ」

全裸にされた父の、彼氏より大きなアレは先から液体を垂らしながら恐ろしいくらい反り返っていました。

 

「そんなに娘とヤリたいならこのあとヤラせてやるよ。こんなチャンスなかなか無いからな(笑)」

 

私はもう誰も信じられなくなって自暴自棄になっていました。

 

男たちに抱えられた私は体育座りの姿勢から両脚を無理やり開かれМ字開脚という体勢にされてしまいました。

 

「娘とヤラなかったら女房たちを殺す」と脅されたとはいえ、

強盗たちにがっちり抑え込まれ抵抗できない私のアソコに、

父は私の目を気にしながら自分から大きなアレを差し込んできました。

 

父は年齢のせいなのか彼とは違いすぐイクようなことはありませんでした。

私と母の性感帯が似ているのか、父は私の弱点を周知しているようかのように攻めてきます。

母や彼の手前、父のアレで感じている姿を見られるわけにはいかないと必死に堪えましたが、

親子で躰の相性が良すぎるのか、理性が快楽にのみ込まれ、アノの時の淫らな女に成り下がってしまうのに時間はかかりませんでした。心では拒絶しているのに躰がいうことを聞かないのです。

いつしか自分から父と舌を絡めてしまっていました。

母や彼氏に見られていると思うと余計に快感が増してしまいもう自分で自分をコントロールできなくなっていました。

私の名前を連呼しながら腰を振り続ける父は目は、もういつも父ではなく、女に飢え発情しきった男の目になっていました。

 

「おい、オヤジ、結婚祝いに娘の中にたっぷり出してやれ、出さなかったら女房たちぶっ殺すからな。」

強盗たちは血も涙もないことを命令しました。

 

父は私にすまない、すまないという言葉と私の名前を連呼しながら

「お、お父さん、もうイキそうだ、な、中に出すぞ」

 

それを聞いた私はハっとし

「中はイヤ、あ、赤ちゃんできちゃう~」

 

そう私が発した直後父が

「イ、イク~(ド、ドピュ、ドピュピュピュ~ドクドク~)」

 

男たちがすでに放出したものにダメを押すように父の放出した精子が子宮に向かって流れ込んでいくのが

わかりました。

 

「この家族ももう終わりだな…」

強盗の一人がそう突き放すのように言い放った後ろでは、

別の男が無理やりセックスさせられている私たちの姿を、

父の部屋から盗み出したデジカメで動画撮影していました。

 

「いいな、警察に訴えたらどうなるかわかってるな。」

私たちはその動画を盾に言いなりになるしかありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

profile

名無しさん4 2021-04-04 午後 18:50

 

【息子の目の前で】母の口だけの抵抗も最後まで続かなかった…

http://h-na-taiken-rape.blog.jp/archives/1077744124.html

 息子のせいで息子の知り合いに犯され抵抗するが、息子の目の前で男らの攻めに屈しついにオンナになってしまう…
 
 
【最後はまさかの和●!?】嫁と一緒に帰宅したら空き巣が…
http://kagekisexero.blog.jp/archives/1078041565.html
 悲劇から一転、若夫婦は…
 
【衝撃】近親相姦が当たり前の家で育ちました
https://kokuhakutaiken.com/blog-entry-21600.html
 特異な両親の性教育方針(?)に子供たちの反応は!?
profile

名無しさん5 2021-04-04 午後 23:42

【驚愕】妻が失踪して10年…男手一つで育てた娘が結婚前夜にとんでもない事実を話出した…

 https://erobanach.com/12659.html

上記の投稿ではエロばなしのサイトなのにエロがないので、

個人的にこうしてほしいという結末提案

投稿主は失踪した妻を10年来ずっと捜し続けていたのに、

当の妻は他所の男の元でのうのうと暮らしており、

娘はその事実を以前からずっと知っていて、母親とは時々会ってもいたのに、

それを父には伝えることなく父とずっと暮らしていた。

娘は結婚前夜になってその事実を父に伝えるという態度に出たことに父親はやり切れない気持ちと

妻娘に対する裏切りからくる怒りで逆上!

大切にしてきた娘が愛情の対象から憎しみの対象へ激変!

彼女の結婚を滅茶苦茶にしてやりたくなり、それが彼女をレ○プして自分の子種で孕ませてやるという暴走へ!

怒りのおさまらない父親は娘を夜が明けるまで何度も犯しつづけ、

これでもかと中だししまくったあとは娘を縛り上げ結婚式に行けないようにしてしまう!

翌日、いつまでも結婚式場に顔を見せない娘を心配した婚約者や元妻がこの父親の元に電話をかけてくるが一切無視する父親。

「よくも父親をずっとコケにしてくれたな」と父親にののしられたあと、縛り上げられた娘は父親に「これからお前は俺の娘なんかじゃない、俺の性処理奴隷にしてやる!」と宣言され凌辱の限りを尽くされ徹底的の犯されまくる。(←父親の子種で娘が妊娠するまで)

profile

名無しさん6 2021-04-05 午前 00:32

【家庭崩壊させたった!】狙った女を犯すだけではモノ足らず…

  https://erobanach.com/36668.html

   上記投稿では、電車を降りたときに生徒手帳を落としたかわいい女子高生の後をつけた男が、

彼女の自宅の前で待機。父親がいないことを確認後、夜遅く家に侵入。

母親が思いのほか美人でグラマーだったため母親をまず犯すことになる。

一家には母、娘(女子高生)のほかに引きこもりの息子(中学生)がいる家族構成になっているが、

息子は中学生ではなく大学受験に失敗した浪人生で、性格は引きこもりがち、制服着てステージでダンスするご当地アイドルと美少女が出てくるアダルトゲームが好きなオタクっぽいやつという設定に。もちろん童貞。

侵入した男が一家の母娘を犯すだけでなく、ヒッキーの息子を実の母、妹と近親相姦させて彼を童貞卒業させる。

その後は、侵入男とヒッキー息子がグルになって母、娘を性欲の赴くまま犯しまくる。

侵入男に犯され始めて本当にイクことを覚えた娘、

旦那より立派なチ○ポをしている息子に犯されどんどん壊れていく母。

ヒッキー息子の要望で、娘は学校の制服を着せられ兄と侵入男とのコスプレ3Pに。

 

profile

名無しさん7 2021-04-09 午前 01:04

【排卵日直撃!】娘の目の前で母親に種付け

  http://h-na-taiken-rape.blog.jp/archives/1007895349.html

  上記をベースにAV作品化する際には、娘はJCではなくJKに、前半は娘の前で母親に種付け完了するところまで

  後半は母親を手かせ足かせ縛り上げてバイブを突っ込んでスイッチオン。

  バイブの振動で悶えている母親の目の前で娘を犯し、最後は娘を従順な種付け奴隷にするところまで

母が犯されているのに僕は…

  http://h-na-taiken-rape.blog.jp/archives/1008618740.html

  上記をベースに作品化するのであれば…

  母親が男たちにレ○プされているところを見てしまった息子が興奮さめやらずついに母親を犯してしまう

  →息子が母親を犯している最中に例の男たちがやってきてそれを見られてしまう

  →息子が男たちと一緒になって母親を輪姦する

profile

名無しさん8 2021-04-12 午前 01:05

 

【逆襲】娘と同じ中学校に通う男子学生の親父と不倫セックスをした嫁に復讐するために相手の家族を巻き込んでやりたい放題

https://hitoduma-taiken.com/archives/%E3%80%90%E4%BA%BA%E5%A6%BB%E4%BD%93%E9%A8%93%E8%AB%87%E3%80%91%E5%A8%98%E3%81%A8%E5%90%8C%E3%81%98%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%AB%E9%80%9A%E3%81%86%E7%94%B7%E5%AD%90%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%AE%E8%A6%AA%E7%88%B6%E3%81%A8%E4%B8%8D%E5%80%AB%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%9F%E5%AB%81%E3%81%AB%E5%BE%A9%E8%AE%90%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E7%9B%B8%E6%89%8B%E3%81%AE%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%82%92%E5%B7%BB%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%E6%94%BE%E9%A1%8C.html